2013年05月30日

御香宮神社随神像修理






御香宮神社随神像鎮座-2.jpg
御香宮神社本殿前に鎮座する随像(修理後)



平成24年度に弊社が受託した御香宮神社随神像の修理が過日無事に完了しましたので、お知らせいたします。



【 対 象 の 概 要 】

  名   称  木造随神倚像
  員   数  2躯
  時   代  未詳
  寸   法
      
  阿形 像高1070mm 袖張1330mm
  吽形 像高1030mm 袖張1300mm  
  品   質  木造 彩色及び漆箔・漆仕上げ
  所在地  京都府京都市伏見区御香宮門前町



御香宮神社の木造随神倚像2躯は、昭和三年と平成六年に塗り替え等を経ていますが、近年傷みが目立つことから、この度の修理に至りました。

狩衣は、漆下地の上に文様を置上げてから仕上げの漆を塗ることにより、細やかな光沢を見せています。

面貌、平緒の鳳凰図、台座に敷かれた虎皮等の彩色は、所有者様の意向を汲んで描きました。



御香宮随神像修理前-2.jpg 御香宮随神像修理後-2.jpg
阿形 修理前阿形 修理後



関係者の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。








posted by 川面美術研究所 at 09:50| 美術工芸
カテゴリ