2011年08月03日

西本願寺 親鸞聖人七百五十回大遠忌と虎之間障壁画摸写完成のお知らせ


●西本願寺 親鸞聖人七百五十回大遠忌

西本願寺(浄土真宗本願寺派 龍谷山本願寺)では、2011(平成23)年4月から2012(平成24)年1月まで、親鸞聖人七百五十回大遠忌法要が営まれます。 

  【西本願寺での法要期日】
 
    2011(平成23)年
      4月9日(土)〜 4月16日(土)
      5月9日(月)〜 5月16日(月)
      6月9日(木)〜 6月16日(木)
      9月9日(金)〜 9月16日(金)
     10月9日(日)〜10月16日(日)
     11月9日(水)〜11月16日(水)
 
    2012(平成24)年 〈御正当〉
      1月9日(月)〈逮夜〉〜1月16日(月)〈日中〉

 
  【青少年・幼児を対象とした法要行事】

    幼児を対象とした法要行事
      2011(平成23)年 5月20日(金)
    少年を対象とした法要行事
      2011(平成23)年  第1回 / 7月25日(月)〜26日(火)
                   第2回 / 7月27日(水)〜28日(木)
                   第3回 / 7月29日(金)〜30日(土)
    青年を対象とした法要行事
      2011(平成23)年8月6日(土)〜7日(日)

 
法要期日中は、法要・布教・帰敬式のほか、本山および周辺地域において、さまざまな記念行事が催されます。

詳しくは下記ホームページを御覧ください。
   本願寺ホームページ  http://www.hongwanji.or.jp/
   大遠忌ホームページ  http://daionki.hongwanji.or.jp/ 


 
 
●西本願寺 虎之間障壁画摸写
 
完成2.jpg
 北側完成
完成1.jpg
広縁側完成 


またこのたびの法要を機縁として、西本願寺では長期にわたる諸計画が立てられ、取り組まれておられます。
その中の境内地整備事業の一環として、弊社川面美術研究所は、重要文化財西本願寺御影堂内部補彩工事、経蔵内彫刻群(傅太子・二童子・八方天 計11躯)保存修理、大谷本廟二天門内二天像保存修理を担当させていただきました。
さらに本願寺デジタルアーカイブ事業として、弊社は2008(平成20)年5月から重要文化財虎之間障壁画「竹林群虎図」の復元摸写を開始し、本年3月に完成いたしました。

   
本願寺デジタルアーカイブ事業について1  http://daionki.hongwanji.or.jp/shumon_04_1.html

およそ400年の経年による汚れや絵具の剥落によって、肉眼で見ることができなくなった虎の姿が、色鮮やかに蘇りました。

本願寺新報.jpg
 虎之間図面.jpg

南側南側.jpg 
東側東側.jpg 
北側北側.jpg 
西側
広縁
広縁側.jpg 


【復元摸写】

虎之間壁面全ての竹・虎・豹を調査し、武田恒夫氏(美術史家)の御監修のもと、復元を進めました。
復元に際しては、二条城二之丸御殿障壁画摸写事業等で実績のある、「古色復元摸写」(建物の経年色と調和するよう絵具に古色をつける方法)を採用しました。
また不明瞭な点については、顔料分析(註)や赤外線写真(日本写真印刷株式会社様)などの光学調査結果を根拠に進めました。

清水俊貴,森正和,河野益近,廣瀬翼,江南和幸,岡田至弘
「蛍光X線による西本願寺虎の間の障壁画の顔料分析に関する研究」
『日本文化財科学会第25回大会研究発表要旨集』, pp.378-379, 2008-6
現地トレース.jpg
現地トレース 
打合せ.jpg
絵画検討会 
制作途中.jpg
制作風景 

復元の過程で発見されたこともあります。
北側の画面を復元すると、竹林の絵のつながりが不自然であることが明らかとなり、復元画面では入れ替えて建て込みました(No.2930)。
また画面の板裏には、転用を思わせる痕跡も多く見つかりました。
総面数36面に描かれた虎・豹の数は、27頭にのぼりました。 



【建具製作】

復元摸写図の画面となる建具の製作は、鈴木正氏(文化庁選定保存技術保持者【建具製作】)の御監修のもと、尾州ヒノキの無垢板を現状通りに接ぎ合わせ復元しました。
また絵画同様、虎之間内の造作と調和するよう板に古色がけを施し、板から滲み出るヤニを防ぐため、虎の下地のみ焼き付けや埋木も行いました。 
建具製作監理と建て込みについては伸和建設株式会社様に、建具製作については大谷建具工芸様にお世話になりました。


本事業は、文化財修復の各方面で活躍する一流の技術者が一堂に会したことで実現しました。
西本願寺財務部様、京都府教育庁指導部文化財保護課の方々に感謝申し上げます。
 


●書院・唐門・飛雲閣参観

本願寺境内では、上記法要期間および各期法要の前後日に限り、書院・唐門・飛雲閣を特別に参観いただけます。 


 【公開時間】

法要期間中

午前8時30分〜午後5時30分(午後5時)
各期法要開始前日午後0時30分〜午後5時30分(午後5時)
各期法要終了翌日午前8時30分〜正午 (午前11時30分)

         
         ※()内の時間は入場終了時間。
※書院は行事等の都合により、参観順路が午前と午後で変更になります。
         ※また4月9・10日午前、10月15・16日終日は、参観不可となります。
         ※一方通行の順路を巡回していただきます。説明はテープでのご案内となります。
         ※参加者が多数の場合、入場をお待ちいただくことがあります。


書院では、完成した虎之間障壁画「竹林群虎図」復元摸写図を御覧いただけます。
また国宝唐門は、弊社が1980(昭和55)年に彩色復元修理をいたしました。
さらに国宝飛雲閣第二層の三十六歌仙図は、弊社が1996(平成8)年に復元摸写したものです。

この機会に是非御参観ください。

詳しくは、下記電話番号までお問い合わせください。
   西本願寺行事部   電話075−371−5181(代)
  



●龍谷大学龍谷ミュージアム 特別展と超高精細映像作品上映
 

西本願寺門前町(ご縁まち)では、聞法会館、ご縁まちマルシェ会場(元・植柳小学校)、テーマ館(伝道院)、龍谷大学龍谷ミュージアムなどを中心に、「ご縁まちフェスタ」を展開しております。
その中でも、堀川通りに面した龍谷ミュージアムでは、開館および親鸞聖人七百五十回大遠忌法要記念として、特別展「釈尊と親鸞」を開催しております。
3階ミュージアムシアターで上映される超高精細映像作品『伝えゆくもの 〜西本願寺の障壁画〜』では、弊社虎之間障壁画復元摸写の様子を御覧いただけます。
特別展と併せて御鑑賞ください。

開館・上映スケジュール等詳細は下記ホームページを御覧ください。
   龍谷ミュージアムホームページ  http://museum.ryukoku.ac.jp/







posted by 川面美術研究所 at 13:24| 美術工芸
カテゴリ