2012年04月23日

第63回 京おどり


平成24年4月7日(土)〜22日(日)、京都・宮川町歌舞練場において、第63回京おどり「花都四季栄耀(はなみやこしきのえよう)」全七景が開催され、弊社は美術を担当させていただきました。

道具帳(下絵)と公演写真の一部を掲載いたします。

 演目道具帳
公演
第二景 艶競百花蓮華
洛西・法金剛院の庭
 DSC03138-2.jpg _MG_4190-2.jpg
第四景 岩長姫物語
鳴滝川
 DSC03146-2.jpg _MG_4281-2.jpg
 第七景 宮川音頭
宮川町歌舞練場前
 DSC03165-2.jpg _MG_4332-2.jpg

宮川町お茶屋組合様をはじめ、関係者の皆様に御礼申し上げます。

公演に関する詳細は、下記ホームページを御覧ください。
 宮川町お茶屋組合公式サイト   http://www.eonet.ne.jp/~miyagawacho/





posted by 川面美術研究所 at 17:00| 舞台美術

2012年04月03日

【重要文化財】片埜神社本殿竣工のお知らせ



IMG_6754-3.jpg
 _MG_0111-2.jpg
 修理前 概観

修理後 向拝蟇股

 IMG_6808 東妻-3.jpg 東妻-3.jpg
 修理前 身舎東妻修理後 身舎東妻


大阪府枚方市の片埜神社本殿保存修理工事が完了いたしました。

    名称
重要文化財 片埜神社 本殿
    員数1棟
    建築年代慶長7年(1602)
    所在地大阪府枚方市牧野阪2
    構造形式三間社流造。檜皮葺、南面
    指定年月日大正6年4月5日
    附指定棟札1枚

片埜神社本殿は、豊臣秀頼が片桐且元を総奉行として再建したもので、珍しい平面構成や慶長期の力強い造形に大きな特徴があります。

平成21年から3年にわたり、屋根工事、塗装工事、その他修理を内容とする保存修理が実施され、弊社は塗装工事(彩色塗装の調査および施工)を担当いたしました。

片埜神社本殿は、慶長期の再建以降、寛政8年(1796)、昭和10年、昭和49年に修理を経ています。

現状の調査および過去の修理記録や古写真の比較検証から、彩色塗装や蟇股彫刻の変遷を明らかにすることができました。

監督者の指導により、今回の塗装工事は昭和10年の状態に復旧整備し、平成23年9月竣工を迎えました。

宗教法人片埜神社様、文化庁様、大阪府教育委員会様、枚方市教育委員会様、公益財団法人文化財建造物保存技術協会様、株式会社村上社寺工芸社様をはじめ、お世話になりました関係者の皆様に御礼申し上げます。






posted by 川面美術研究所 at 17:04| 建造物装飾
カテゴリ